様々なユーザーに対応|オシャレの表現の幅が増える|種類の多いカラコンは通販で比較しよう

オシャレの表現の幅が増える|種類の多いカラコンは通販で比較しよう

様々なユーザーに対応

眼鏡

コンタクトユーザー必見

普段はコンタクトレンズを使用していて、家でメガネを使用する人も多くいます。くつろぎながら使うメガネだからこそ、強度やかけ心地、軽さは大事なポイントですよね。カジュアルなデザインを多く取り扱うブランドから販売されている、家でスマホやパソコンを使うことを前提に作られたメガネがおすすめです。中にはかけたまま寝ても大丈夫という頼もしい製品もあります。従来の耳にかけるテンプル部分がこめかみで止めるタイプになっていたり、ブランドごとに様々な工夫がみられ人気を集めています。また、家でかけるメガネは人に見せるものではないから自分の好みを優先できるといったコンセプトの商品もあります。特に女性ユーザーが気にしている鼻あての跡がつかないよう工夫されたパットやフロント・サイドにかけてのカラーとデザインのバリエーションが人気です。

メインユースのこだわり

コンタクトは使わずにメガネだけで視力矯正している人は、買い換え時に素材にこだわりましょう。カジュアルブランドが推している軽量プラスティックや樹脂素材は調整が手軽で、誰にでも合わせやすいものが多く出回っています。ですが、素材の特性上、加工が難しく数年で劣化してしまいます。数年ごとに度が変わってしまう場合はこちらでも大丈夫ですが、ひとつのフレームを長く愛用したい人には向きません。長持ちするフレームなら、チタン素材かメタル素材のフレームを選びましょう。特に視力が弱い場合はレンズそのものに厚みと重みが出る傾向があり、軽いセルフレームを選んでもレンズの重みでバランスが悪くなってしまう事もあります。こういった場合、あらかじめしっかりしたフレームを選んでおくとレンズ交換の際も安心ですね。